Casinochecking

 モンテカルロ法

Casinochecking |  モンテカルロ法

システムベッティング方法のひとつであるモンテカルロ法は少々複雑にベット金額が動くベッティング方法となりますが、負けにくさに特化したカジノ攻略法となります。マーチンゲール法や、パーレー法などと比較するとメモをとったりしながらベットを進めていく必要があるのでカジノゲームに慣れてきたプレイヤーにおすすめできるベット方法となります。

 

モンテカルロ法とは?

システムベッティングのひとつであるモンテカルロ法は、ベット金額をカジノゲームの勝敗によって操り利益を上げていく攻略法のひとつとなります。1・2・3…とつづく数字の並びを利用してベット金額を調整していく方法です。マーチンゲール法などに比べると慣れるまでは少々複雑なベット方法となりますが、オンラインカジノではメモを取り放題なので上手に活用していきましょう。

モンテカルロ法の名前の由来

モナコのモンテカルロにあるカジノを潰したと伝説になっているカジノの攻略方法として知られています。シミュレーションに用いられているモンテカルロ法とは異なるものなので、気になる人は違いを調べてみてくださいね。こちらはもとは中性子が物質中を動く様子を知るために考案されたものだそうです。このシミュレーションとカジノ両方のモンテカルロ法ともモナコのモンテカルロから名づけられています。

モンテカルロ法に適したカジノゲーム

モンテカルロ法を運用するのに最適なカジノゲームは配当の倍率が変わらず一定のもので運用することができます。例えば、配当が常に2倍または3倍になるカジノゲームで使用できます。以下のようなゲームで使用できるので参考にしてください。

配当が2倍となるカジノゲームとベット方法

  • ルーレット:赤/黒、奇数/偶数、ハイナンバー/ローナンバー
  • バカラ:プレイヤー、ノーコミッションバカラ
  • ドラゴンタイガー
  • クラップス;パスライン
  • ブラックジャック

 

配当が3倍となるカジノゲームとベット方法

  • ルーレット:ダズン、コラム

 

ルーレット、バカラ、ブラックジャックは有名でテーブル数も多いのでまず試してみるには慣れているこのようなゲームからモンテカルロ法を運用してみることをおすすめします。慣れるまでは手こずるかと思いますのでカジノゲームに関しての不安は取り除いておくとよいでしょう。

 

ハウスエッジに注意

ここで注意点として、ルーレットやバカラにはハウスエッジがあり、結果が出る確率が50%を下回ってしまうことを意識してください。ルーレットであれば、アウトサイドベット時に0が出たときにはヨーロピアンルーレット、アメリカンルーレットではベット額没収となります。さらにバカラのバンカーの配当は2倍に近いものの正確には2倍にはなりません。そこでプレイヤーにベットすれば!となりますがコミッションがある分バンカー側の勝率が少々高くなっていることをお忘れなく。

 

モンテカルロ法でのベット方法

数字の並びを利用してベット額を決めていきます。数字の並びに数字を足したり消したりして、消せる数字がなくなるか1つの数字が残れば成功となります。ベット方法を見ていきましょう。はじめは紙とペンなどメモできるものを用意するとわかりやすくなります。2倍配当と3倍配当のゲームで若干違う運用方法になるのでまずは2倍配当で説明していきます。

 

2倍配当のモンテカルロ法

  1. 基準となる金額を設定する。例は$1とします。
  2.  1 2 3 と数字の列を書きます。
  3.  1 2 3 この列の両端(1と3)を足した数$4がベットがスタートのベット金額となります。
  4. 先ほどの$4でゲームにベットします。
  5. 勝った場合:数字の列の両端を消す。1 2 3

負けた場合;数字の列に次の数字を追加する。この時次に来る数字は前回のベット金額となります。1 2 3 4

後はこれを繰り返して、数字の列に消すことができる数字がなくなるか1つの数字が残るまで繰り返していきます。この数字がなくなった時点でモンテカルロ法は成功したということになります。

 

       

 

スタート

1 2 3

$4 ベット

 

 

     

 

負け
1 2 3 4

$5ベット

 

 

勝ち

1 2 3

数字1つで終了

   

 

負け

1 2 3 4 5

$6ベット

 

 

勝ち

1 2 3 4

$5ベット

 

 

 

 

負け

1 2 3 4 5 6

$7ベット

  負け

1 2 3 4 5

$7ベット

  勝ち

1 2 3 4

数字なしで終了

負け

1 2 3 4 5 6 7

$8ベット

   

   

         

 

3倍配当のモンテカルロ法

2倍配当の運用方法を基準として、異なる点は削除する数字の数となります。ゲームで勝った場合は両端2つの数字を消していきます。ルーレットで3倍配当のモンテカルロ法を使用すると2倍のものより効果が良いと評価されています。

 

       

 

スタート

1 2 3

$4 ベット

 

 

     

 

負け
1 2 3 4

$5ベット

 

 

勝ち

1 2 3

数字1つで終了

   

 

負け

1 2 3 4 5

$6ベット

 

 

勝ち

1 2 3 4

数字なしで終了

 

 

 

 

負け

1 2 3 4 5 6

$7ベット

 

 

勝ち

1 2 3 4 5

終了

   

 

 

勝ち

1 2 3 4 5 6

$7ベット

 

 

   
  負け

1 2 3 4 5 6 7

$10ベット

  勝ち

1 2 3 4 5 6

終了

   
 

       

 

モンテカルロ法でベットしてみる

それでは、$1を基準のベット金額路設定し実際にモンテカルロ法を運用してみるとどのように資金に変化がおこるのか簡単なシミュレーションをしていきましょう。まずは2倍配当のモンテカルロ法から見ていきましょう。

ラウンド 数列 ベット額 勝敗 配当 損失 損益
1 1 2 3 $4 勝ち $4 $4
2 1 2 3 $4 負け -$4 0
3 1 2 3 4 $5 負け -$5 -$5
4 1 2 3 4 5 $6 勝ち $6 $1
5 1 2 3 4 5 $6 勝ち $6 $7

 

途中2回負けていますが、最終的に5回目の勝利でモンテカルロ法が成功し最終的には$7の利益が出ていることがわかります。

続いて、3倍配当のモンテカルロ法での資金の動きを見ていきましょう。

ラウンド 数列 ベット額 勝敗 配当 損失 損益
1 1 2 3 $4 負け -$4 -$4
2 1 2 3 4 $5 負け -$5 -$9
3 1 2 3 4 5 $6 負け -$6 -$15
4 1 2 3 4 5 6 $7 負け -$7 -$22
5 1 2 3 4 5 6 7 $8 勝ち $16 -$6
6 1 2 3 4 5 6 7 $8 勝ち $16 $10

 

4連敗からの2連勝で3倍配当のモンテカルロ法で成功し最終的に$10の利益がでました。ただし4連敗時の損失は$22となり初回ベット金額の5倍ほどとなるのでこの辺でメンタルが揺らいでくることは覚悟しなければなりません。勝率の割には利益が出ると言えるのではないでしょうか?

 

モンテカルロ法を使用する利点

モンテカルロ法を運用するメリットは以下の通りです。

  • 負けた後のベット金額が高額とならない

表を見てもわかるように、$1を基準金額とした場合に連敗しても次回賭ける金額は+$1となり、マーチンゲール法のように倍のベット金額にならないのが利点となります。そのため資金は多少少なくても連敗時耐えきれる可能性は高まってきます。

  • リスクとリターンのバランスが良くとれている

損失を取り戻すために、大きなリスクを背負わなくていいことは大変うれしいポイントです。ただし、1度勝っても損失はチャラにならず粘り強くゲームを続ける必要もしばしばでてきます。最終的にモンテカルロ法が成功すれば利益が少なからずでるのでリスクとのバランスは他のシステムベッティング法と比較してもバランスがとれていると言われています。

  • メモが取れるオンラインカジノならではの攻略法

慣れるまでは複雑に見えるモンテカルロ法ですが、ランドカジノと違い誰も監視している人はいないのでメモは取り放題です。これを頭で瞬時に計算できるくらいマスターするのにはだいぶ経験を積まなければならないのでオンラインカジノで運用できるということはだいぶアドバンテージになるでしょう。

注意点としては一部のオンラインカジノでは稀にシステムベッティングの運用を禁止しているカジノがあり、使用を続けるとオンラインカジノのシステムに感知され最悪の場合はアカウントが停止あるいは永久凍結される事態になることも十分にありえますので、始める前に利用規約などの確認は十分行ってくださいね。

 

モンテカルロ法の弱点

続いてはモンテカルロ法を運用する際の注意点を述べていきたいと思います。

  • 慣れるまでは運用が難しい

いくらメモが取れると言っても、運用し始めは計算やメモの取り方に手惑い、カジノゲームに集中できなくなってしまう可能性は高まります。さらに、ベッティング時間内にベットしなければいけないというプレッシャーも少なからずかかってくることから、最初は落ち着いて焦らず運用することが大切です。特に3倍配当のゲームとなるとさらに計算が必要になるので、運用開始前に無料お試し版のテーブルゲームなどで練習してから挑むとよいかもしれません。

  • 2倍配当のモンテカルロ法は利益が出しにくい

3倍配当のモンテカルロ法と比較すると、頑張って成功させた割には利益があまり出ないということも。3倍配当のゲームはルーレットのアウトサイドベットくらいしかないのでゲームも限られてしまいます。バカラやブラックジャックがメインのプレイヤーさんは2倍配当のもので運用することとなってしまいます。

  • 最大ベット金額の上限

基準のベット金額の設定によっては最大ベット金額に達してしまい、ベットできないという事態にもなるので、テーブル選びの時点でハイローラーさんたちは気を付けてくださいね。スタート金額を€10などと設定する場合はVIPテーブルのようなテーブルでプレイすることをおすすめします。

  • 連敗からの復帰に時間がかかる

マーチンゲール法は1度の勝利で利益がでるというものですが、モンテカルロ法は成功に至るまでに何度か勝利が必要となる場合がほとんどです。特に連敗時は資金が戻るまでに時間がかかります。勝ち負けを何度も繰り返してやっと成功という形になるのでオンラインカジノに時間を割くことができない人かなり厳しい方法となるかと思います。

 

モンテカルロ法を上手に活用

モンテカルロ法の利点と欠点がわかったところで、これらを踏まえたモンテカルロ法の上手な運用方法を提案していきます。

  • 損切り金額の設定

これはモンテカルロ法のみでなく、すべてのシステムベッティング法に当てはまることですが、損切りのタイミングはとても重要となります。モンテカルロ法では連敗が続くと戻すまでに時間がかかるので、連敗時の対策を練ることをおすすめします。初期ベットの金額を抑える、もしくは決めた連敗数にたっしたら一度損切りをしてベット金額を初期の金額にもどすなどするとよいでしょう。損切り額とともに勝ち逃げ額も決めておくとより損が出にくくなるので、もっとリスクを抑えたい場合はその日の勝ち逃げ金額を決めて

  • 初回ベット金額の調整

2倍配当のモンテカルロ法だと利益が出にくいというのも弱点のひとつです。これに関しては初回のベット金額の調整を行うとよいでしょう。例えば使用する数字列を1 2 3ではなく2 4 6や10 20 30など自分の資金に合わせて変更することもできます。もちろん、ベット金額の基準を上げればあげるほどリスクは高まってきますし、連敗からの復帰が難しくなる可能性も高まります。初心者の場合や少しモンテカルロ法を試してみたいという場合は初回ベット金額をできるだけ抑えるようにしてみてください。

  • 3倍配当のゲームで使用

そこまでリスクは背負いたくないけれどできれば利益を出したい人は3倍配当のゲームでモンテカルロ法を運用することをおすすめします。連敗から復帰できる場合は短時間で済みますし、2倍配当のモンテカルロ法よりも利益が出る場合が多くなります。3倍配当のゲームにはルーレットのダズンまたはコラムへのベットがありますが、2倍配当になる赤・黒、ハイ・ローナンバーなどに比べると当たる確率ももちろん低くなりますのでバランスをみて運用してください。ルーレット好きな人にはぜひおすすめしたいのが3倍配当のモンテカルロ法です。

 

モンテカルロ法の使用に向いている人

それでは、モンテカルロ法を運用するのに向いているのはどのような人となるのでしょうか?以下の項目で当てはまるものが多い人はモンテカルロ法を運用するのに向いているかもしれません。あなたはいくつあてはまるでしょうか?

  • コツコツとベットできる
  • オンラインカジノに割ける時間が多くある
  • 大きなリスクは背負いたくないが利益は多少出したい
  • メモを取れる環境でオンラインカジノがプレイできる
  • 勝敗によってメンタルがブレにくい
  • ルーレットのアウトサイドベットをする

 

モンテカルロ法まとめ

システムベッティング法のひとつであるモンテカルロ法はリスクと利益のバランスが取れた方法となることはお分かりいただけたかと思います。オンラインカジノでは使いたい放題となるこの方法は少々複雑にはなるものの、マスターして使いこなせればザ・攻略法と感じられる運用して楽しいシステムベッティング法となることは間違いなしです。カジノゲームはもう慣れていい感じに勝てるベット方法を探している人にはぜひ試してみてはいかがでしょうか?

Casinochecking |  モンテカルロ法

当サイトはクッキーを使用しています。続行することにより、お客様は当サイトのCookies Policyクッキーポリシーに同意したとみなされます。

続行 利用規約を読む