Casinochecking

マーチンゲール法

Casinochecking | マーチンゲール法

カジノ好きなら一度は聞いたことのあるベット方法マーチンゲール法。理論上では負けないと言われていることから、多くのカジノプレイヤーや投資においても必勝法として有名です。果たしてマーチゲール法は鉄壁の勝利方法として使えるのでしょうか?初心者でもすぐに理解できますので、賭け方や、注意点を一緒に確認していきましょう。

マーチンゲール法とは?

マーチンゲール法とはカジノゲームの攻略の仕方ではなく、ベット金額の管理方法というとしっくりくるかと思います。システムベットのひとつであり、ベット金額を一定の規則に従って変えていきます。マーチンゲール法は単純に負けたら次回のベット額を2倍にしてベットするというものです。オンラインカジノの他FXの取引でも用いられていることで有名です。理論上は負けないと言われていて、その理由はどれだけ連敗をしてもたった1回勝つことで損失を取り戻し勝ち越せるためです。

マーチンゲール法の名前の由来は?

マーチンゲール法の持つ歴史はなかなか長く、18世紀フランスですでに多くのプレイヤーが使用する方法であったと記されているそうです。当時はコインフリップ、コインをトスして裏か表かを予想するゲームにおいて使用されたといわれています。一説には、昔マーティギュー地方と呼ばれる地域がフランスにあり、マーティギュー地方出身のギャンブラーがこのコインフリップの賭けに使用していたため、マーティギュー法と呼ばれるようになり、その後呼び名が少し変わってマーチンゲール法と呼ばれるようになったと言われています。さらには、考案者の名前からとったという説もあるので定かではありませんがかなり昔から利用されているベット方法であることはお分かりいただけたかと思います。

マーチンゲール法でのベット方法

さて、ここからはマーチンゲール法を利用したベット方法について詳しく説明していきたいと思います。マーチンゲール法を活用できるゲームは勝率が50%のもので、配当が2倍となるものです。以下でどのようなカジノゲームに効果的なのか詳細を記しますのでご覧ください。

ベット方法は極めてシンプルです。

  1. 最初にベットする金額を設定する
  2. 設定した金額でゲームをプレイ

そのゲームで

  • 負けた場合は次回のベットで最初に設定した金額の2倍となる金額をベット
  • 勝った場合は最初に設定したベット金額に戻りベットを行う

 

後は、勝った場合と負けた場合でこの法則に従ってベットし続けるのみです。初心者でもすぐに覚えられてすぐ実践できそうですね。

マーチンゲール法に適したカジノゲーム

2倍の配当が獲得できるゲームでマーチンゲールを使用することができます。2倍の配当が期待できるゲームは以下のようなものです。

  • ルーレット:赤/黒、奇数/偶数、ハイナンバー/ローナンバー
  • バカラ:プレイヤー、ノーコミッションバカラ
  • ドラゴンタイガー
  • クラップス;パスライン
  • ブラックジャック

 

ハウスエッジに注意

ここで注意点として、ルーレットやバカラにはハウスエッジがあり、結果が出る確率が50%を下回ってしまうことを意識してください。ルーレットであれば、アウトサイドベット時に0が出たときにはヨーロピアンルーレット、アメリカンルーレットではベット額没収となります。さらにバカラのバンカーの配当は2倍に近いものの正確には2倍にはなりません。そこでプレイヤーにベットすれば!となりますがコミッションがある分バンカー側の勝率が少々高くなっていることをお忘れなく。

 

マーチンゲール法でベットしてみる

マーチンゲール法でのベット方法、活用できるカジノゲームがわかったところで実勢にマーチンゲール法でのベットをシュミレーションしてみましょう。

回数 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 損失 勝利 利益
ベット
金額
$1                     $1 $1
$1 $2                 $1 $2 $1
$1 $2 $4               $3 $4 $1
$1 $2 $4 $8             $7 $8 $1
$1 $2 $4 $8 $16           $15 $16 $1
$1 $2 $4 $8 $16 $32         $31 $32 $1
$1 $2 $4 $8 $16 $32 $64       $63 $64 $1
$1 $2 $4 $8 $16 $32 $64 $128     $127 $128 $1
$1 $2 $4 $8 $16 $32 $64 $128 $256   $255 $256 $1
$1 $2 $4 $8 $16 $32 $64 $128 $256 $512 $511 $512 $1

 

表から分かるようにどれだけ連敗が続いても1勝したら初回に設定したベット金額分の利益を得ることができます。1度勝利をしたら最初に戻って1からスタート、これを繰り返すことによってコツコツと稼ぐことができるのです。

マーチンゲール法を使用する利点

多くのプレイヤーが使用するマーチンゲール法の利点は何なのでしょうか?

簡単に活用できる

マーチンゲール法は他のシステムベットと比較するととても簡単に運用できるというのが最大の利点になるかと思います。初心者でも簡単に使用できるのはとても魅力的です。単純に負けたら倍賭ける、1勝したら最初からまたスタートを繰り返すのみですからね。他のベット方法になると、メモを残して、計算して、などと複雑になってくるのでじっくりプレイしたり記録をとれる環境下にいないときは使えません。

一度の勝利で利益がでる

これまた魅力的なのはどんなに連敗しても1勝するだけで勝ち越せるということです。カジノゲームは運に左右されるので負けるときはとことん負ける可能性もありますが、連勝しなくてよいので勝ち越しの可能性は高まると言えます。何も考えずに適当にベットするよりかは稼げる方法です。

 

マーチンゲールの弱点

理論上は負けないとまで言われる鉄壁なマーチンゲール法でも、必ず勝てると約束されているわけではありません。ある一戦を超えると限界が訪れるときもあります。一体どんな弱点があるのか見ていきましょう。

失敗で全資産を失う

ゲームで連敗が続いたときは気を付けましょう。資金が尽きたり、次こそはとオールインなんてして負けた場合は今までの損失を取り戻してかつプラスにするどころか一勝を決める前に全資産を失う危険性があります。

 

大きな利益はでない

一勝すれば必ず勝てる方法ではありますが、どんなに連敗が続いて一勝できたからと言って爆発的な利益がでるものではないことを覚えておきましょう。メンタルに負担がかかる割には利益がでないと表現する人もいます。

 

マックスベットの設定

各テーブルにはマックスベット金額の他にもマックスベット金額の設定があるのはご存じでしょうか?負けが続きたとえ資金が用意できたとしてもこのマックスベット金額の壁に当たってしまっては、マーチンゲール法が成立しません。よって結果損失を被ることになっていまいます。

 

資金・時間不足

マーチンゲール法は一勝すれば勝ちですが、その一勝がでるまでにかかる資金と時間には限界があるものです。特に忙しく日々を過ごし隙間時間でカジノゲームをプレイするという方にはあまり向いていない方法とも言えます。粘り強くベットを繰り返し、一勝を重ねることで利益がでるのである程度オンラインカジノに時間を費やせる人が利益を出すことができるでしょう。さらに、連敗したときに手持ちの資金が持つかどうかも問題となります。全資金を失う可能性があるので資金管理は必須となります。

 

マーチンゲールを上手に活用

弱点は少々あるものの、上手く活用すればマーチンゲール法はやはり鉄壁と言われる方法であるので活用法を自分なりに工夫することをおすすめします。以下を意識するだけでも、全資産吹っ飛ぶという事態は避けられるかと思います。

スタート額の設定

スタート額の設定はマーチンゲール法に関してはとても重要となります。連敗時のリスクを避けるためにもミニマムベット金額からベットを始めることをおすすめします。さらに、資金をあまり用意できないというかたは同じカジノゲームでもテーブルにとってミニマムベット金額の設定が異なることもありますので、できるだけミニマムベット金額の低いテーブルを選んでプレイするとよいでしょう。

以下の表を参考にスタート金額を設定してみてください。

回数 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
初回金額 $ 0.2 $0.4 $0.8 $1.6 $3.2 $6.4 $12.8 $25.6 $51.2 $102.4
$ 0.5 $1 $2 $4 $8 $16 $32 $64 $128 $256
$1 $2 $4 $8 $16 $32 $64 $128 $256 $512

 

表からもわかるように、初回金額の少々の違いで連敗したときの賭け金額の上昇の具合が大きく変わってくることあがわかります。$0.2と$0.5のたった$0.3の違いですが、5回目にベットする場合のベット金額は$3.2と$8で2倍以上の差になります。

 

損切り額の決定

続いて重要なのが損切りのタイミングです。何回も、耳が痛いほど述べてきたように、マーチンゲール法は連敗にとても弱いベット方法なのです。マーチンゲール法で失敗しないためにも、連敗時の損切り額をしっかりと設定し必ず守ることを固く誓ってください。負けが続くと次こそはとつい熱くなりがちで、冷静に自分のルールを守ることは難しくなります。ぜひ、カジノゲームをプレイする前に自分の中の最高ベット金額あるいは連敗回数を設定しましょう。ゲームをプレイしながらその場の雰囲気で…というのが一番の落とし穴となります。
損切り額の設定はとても大事ですが、勝ち逃げする金額も設定するとさらによいでしょう。$〇〇以上稼いだらテーブルを離れるまたはその日はカジノゲームをしないなど設定すると資金を溶かすリスクは大幅に減少させることができます。

 

マックスベット額の高いテーブルを使用

マーチンゲール法の弱点としてマックスベット額でベット金額に上限が設定されるということにあります。これを回避するには単純にマックスベット額の大きなテーブルを選択すればいいのですが、くれぐれも資金管理にはご注意くださいね。VIPテーブルでは通常マックスベット額が高額に設定されているので確認してみるとよいでしょう。ただし、マックスベット額が高額なテーブルはミニマムベット額の設定も少々高めだったりするので、自分の丁度いいテーブルを見極めることが大切です。

 

独立事象のゲームを選択する

上記でマーチンゲール法に適するカジノゲームを紹介しましたが大損を被らないためにも、カジノゲーム選択は重要となります。おすすめは、結果が独立事象となるカジノゲームを選択することと言えます。独立事象なんていうと難しそうに聞こえますが、要は結果が次回からのゲームラウンドに影響を及ぼさないものということになります。よい例としてはルーレットです。赤、黒に賭けていた場合、赤か黒どっちかが出る確率は50%に近くなり、これはどのゲームラウンドにおいても変わることはありません。それに対して、バカラや、ブラックジャックの場合はシューに残っているカードによって確立が変わってしまうので独立事象のゲームとは言えません。これらを踏まえ、ルーレットもしくはクラップスでマーチンゲール法を利用するとよりよい結果が期待できるということがお分かりいただけるかと思います。

 

マーチンゲール法の弱点を克服方法

その他に、マーチンゲール法の弱点をカバーする方法をご紹介しますので参考にしていただければと思います。単純にマーチンゲール法を使う方法ではなくなるので若干頭を使ったり駆け引きが必要となったりしますが、単純にマーチンゲール法を使用するよりかは利益がでるかもしれません。

 

逆マーチンゲール法と組み合わせて使用する

簡単にシステマティックにベットしたいのであればマーチンゲール法と逆マーチンゲール法を使用するとよいと広く言われています。逆マーチンゲール法はパーレー法と通常呼ばれているのでパーレー法も参考にしてみてくださいね。さて、この逆マーチンゲール法は名前の通りマーチンゲール法の逆をするだけのシステムベットです。マーチンゲール法で負けたときにベット額を2倍にするように、逆マーチンゲール法では勝った時に次のベット額を2倍にするというものです。これを組み合わせると利益が伸びにくいマーチンゲール法の弱点を補いかつ、損失をカバーできるマーチンゲール法のいいところも活用できるいいとこどりということです。以下の表でどのように損益が動くか見ていきましょう。

 

ゲーム数 ベット金額 勝敗 配当 利益 ベット方法
1回目 $1 勝ち $2 $1 逆マーチンゲール法
2回目 $2 勝ち $4 $3 逆マーチンゲール法
3回目 $4 負け 0 0 逆マーチンゲール法
4回目 $1 勝ち $2 $1  
5回目 $2 勝ち $4 $3 逆マーチンゲール法
6回目 $4 勝ち $8 $7 逆マーチンゲール法
7回目 $8 負け 0 $1- 逆マーチンゲール法
8回目 $1 負け 0 $2-  
9回目 $2 負け 0 $4- マーチンゲール法
10回目 $4 負け 0 $8- マーチンゲール法
11回目 $8 勝ち $16 0 マーチンゲール法

 

このように連勝すると利益が増えていきますが、連敗すると利益をだすことも難しくなることがわかります。ただし、マーチンゲール法のいいところが発揮されてあ資金を溶かすという心配はかなり軽減されるでしょう。この手法をとる場合は連勝した時点で一度利益を確定させ、リセットすることをお忘れなく。このタイミングの見極めが重要となります。自身で何連勝したら利益を確定させるか決めておくとよさそうですね。

 

連敗時はラウンドを見送る

連敗すると精神的にもベット金額的にもきつくなっていくマーチンゲール法の対処方法としては、1ラウンドまたは数ラウンド見送ってベットを再開するという方法です。オンラインカジノではだれの目も気にせずにゲームラウンドを見送ることができるのでとても導入しやすいかと思います。以下のように活用することをおすすめします。

 

ゲームラウンド数 1 2 3 4 5
ゲーム結果
マーチンゲール法 ベット金額 $1 $2 $4 $8 $16
結果 負け 負け 負け 負け 勝ち
見送り導入 ベット金額 $1 $2 $ 4
結果 負け 負け 見送り 見送り 勝ち

 

これは一例となりますが、上手くできた場合は5回目のベット金額を見てわかるよう、一度にベットするベット金額を大幅に下げることができます。さらにはこの5回目が負けだったとしても6回目で通常のマーチンゲール法だと$32のベット額となるのと見送った場合で$8になるのでは大きな差となりますね。だいぶ精神負担を減らすことができますし、自分の資金の限界に達するまでのスピードを遅らせることが可能であることは確かです。

 

倍率を変更する

最後はちょっとリスクをともないますが、グレートマーチンゲール法などと呼ばれる方法をみていきましょう。これも複雑な変更はなく通常2倍でベット金額を増額するマーチンゲール法の倍率を3倍にするだけとなります。これにより、マーチンゲール法での利益の少なさを解決できることになります。

回数 1 2 3 4 5 6 7 8 損失 勝利 利益
ベット
金額
$1                 $1 $1
$1 $3             $1 $3 $2
$1 $3 $9           $4 $9 $5
$1 $3 $9 $27         $13 $27 $14
$1 $3 $9 $27 $81       $40 $81 $41
$1 $3 $9 $27 $81 $243     $121 $243 $122
$1 $3 $9 $27 $81 $243 $729   $364 $729 $365
$1 $3 $9 $27 $81 $243 $729 $2187 $1093 $2187 $1094

 

ご覧の通り、2倍から3倍へのベット金額の変更で8連敗目には一気に$2000を超えるベット金額へと跳ね上がります。資金管理に気を付けなければ全資産を失いかねないので注意が必要です。しかし、一勝すれば損失を取り戻すどころか連敗すればするほど一勝したときの利益が増額していきますので、資金が尽きずマックスベット額に到達しなければかなり稼げる方法になるのではないでしょうか?

 

マーチンゲール法に向いている人

最後に上記のことを踏まえてマーチンゲール法を利用するのに向いているであろう人のポイントを挙げていきますので参考にしてください。多く当てはまるようならマーチンゲール法を利用するのに向いているかもしれません。

  • コツコツ稼ぎたい
  • 大きく利益はでなくても勝ち越せればいい
  • 資金にはまあまあ余裕がある
  • 時間をかけてじっくりプレイするのが好き
  • ルーレットのアウトサイドベットによくベットする
  • 負けてもメンタルが崩れにくい

 

マーチンゲール法まとめ

さあ、理論上負けないと言われているマーチンゲール法について理解できましたでしょうか?他にもシステムベット方法は多くあるので色々と比較して自分に合うものを見つけられるといいですね。古くから多くのプレイヤーに使用されている手法となるので一度試してみるのもいいかもしれません。

Casinochecking | マーチンゲール法

当サイトはクッキーを使用しています。続行することにより、お客様は当サイトのCookies Policyクッキーポリシーに同意したとみなされます。

続行 利用規約を読む