Casinochecking

ブラックジャック

Casinochecking | ブラックジャック

ブラックジャックはトランプを使用したカジノのテーブルゲームのひとつで、クラシックテーブルゲームとして長きに渡り多くのプレイヤーから愛されています。別称21とも呼ばれ、ディーラーとプレイヤーが自分の手札の合計を21に近づけるようにプレイするゲームです。プレイヤーは追加カードを引くかの選択権があるため、戦略を必要とするカジノゲームとなります。

ブラックジャックカードバリュー

ブラックジャックはトランプを使用するので、最初にカードをどのように数えるのかを説明していきます。すべてのカードは1 – 11としてカウントされ、Aは1または11、2 – 10は数字の通り、J・Q・Kは10と数えます。

最強の組み合わせはA+10・J・Q・Kの合計が21となる組み合わせで最初に配られる2枚の手札(イニシャルカード)でこれが配られた場合、ブラックジャックと呼びます。

Aとブラックジャックにならないカードの組み合わせはソフト…とよばれます。例:Aと5の組み合わせはソフト6 = 6か16

それに対してAを含まない組み合わせの場合はハードハンドと呼ばれます。

カード 数え方
A 1または11 (Aとの組み合わせはソフト~と呼ばれる)
2 – 10 カードの数字通り
J・Q・K 10
A + 10・J・Q・K ブラックジャック

 

ブラックジャックルール

ディーラー対プレイヤーの1対1の対戦ですが、一つのテーブルにプレイヤーが6から7人まで参加できるため、複数のプレイヤーが同時に同じディーラーと対戦することができます。ディーラーとプレイヤーに配られるカードの合計数がディーラーよりも21に近くなるとプレイヤーの勝利となり配当を受け取ることができます。

ブラックジャックのゲームの流れ

以下の手順でゲームが進みますが、テーブルごとにルールが変更される場合があるので始める前に確認するとよいでしょう。

  1. ベットオープン時にプレイヤーがチップを置きます。
  2. 全ての人がベットをし終えるか、時間となったらディーラーがベットをクローズします。“ノーモアベット”もしくは“ベットクローズ”がベット終了の合図です。
  3. ディーラーがイニシャルカードをプレイヤーからみて右から左(時計回りに一枚ずつ)にプレイヤー1・2・3…ディーラーの順で一枚ずつ配ります。ディーラーの最後のイニシャルカードは伏せて見えないように配られます。
  4. 通常はプレイヤーからみて一番右のボックスのプレイヤーから順にアクション(ヒット・スタンドなど)を決めていきます。

 

基本のプレイヤーアクション

ヒット:カードを追加することで自分の番であれば何度でもヒットすることができます。

スタント;カードを引かずに自分の番を修了させる。

 

ヒットしてバーストしてしまった場合は、その時点で負けが確定し自分の番は終了となります。一度スタンドしてしまうと次の人の番になり、ヒットすることはできなくなります。

 

  1. 全てのプレイヤーがアクションを決め終えたら、ディーラーの伏せてあるカードをオープンします。ディーラーはディーラーハンドが17以上になるまで引き続け、17以上が出たらゲーム終了となります。
  2. ディーラーよりハンドの合計数が21に近いプレイヤーは勝利、ディーラーがバーストした場合はバーストしていないプレイヤーが勝利となります。(詳細は以下で説明)

ブラックジャックの特別ルール

基本ルールの他にも適用されるルールがあるので上手に利用して勝率をあげたり、損失を減らしたりするとよいでしょう。

ダブルダウン

ヒットの追加オプションです。ベット金額を2倍にして1枚のみヒットすることをダブルダウンと言います。ベット額は2倍になっているので見事ダブルダウンが成功した場合はリターンも2倍になります。ダブルダウン後は次のプレイヤーへと順番が移ります。持ち札が11付近の時は狙い目となります。

スプリット

配られたイニシャルカードが同じものだった場合(例:3,3や5,5など)カードを2つのハンドに分けることをスプリットといいます。二つカードが分けられた後は各ハンドにカードが追加で一枚ずつ配られ、その後それぞれでヒットかスタンドを選択することができます。ただし、A が2枚あるときのスプリットでは分けられた後に1枚づつカードが配られそれ以上追加でヒットができません。ベット金額はベットしていた分が分けられたもう一つのハンドに自動的に賭けられるので、ベット金額は合計で初期の2倍となります。また、2つのハンドに分かれたのち21になり勝利したとしても、ペイアウトはブラックジャックではなく通常の配当となります。8,8がイニシャルカードで出たときなどは合計が16となりとても不利な状況となるので、ディーラーがバーストしないようであればスプリットをして可能性を増やすことができます。また、A,Aのイニシャルカードの場合は、スプリット後に2または12と微妙なカードになるのでスプリットにして21になる組み合わせを狙っていきます。

インシュランス

インシュランスは、ディーラーのイニシャルカードでAがオープンカードの時に発動するオプションです。ディーラーのオープンカードがAの場合は伏せてあるもう一方のカードがブラックジャックになる組み合わせの可能性が高まるので、ディーラーがブラックジャックだった場合に備えて保険金としてベット額の半額までの金額をサイドベット(元のベットとは別のベット)することができます。ディーラーがブラックジャックの場合はそのゲームラウンドは即終了となり、プレイヤーがブラックジャックを持っていてプッシュとならない限りメインベットは没収されますが、インシュランスのサイドベット額の2倍のペイアウトを獲得できます。最大額のベット額をインシュランスにベットするとディーラーがブラックジャックを持っていた場合はメインベット分の損失を補うことができます。ただし、ディーラーがブラックジャックでなく、ゲーム続行後負けてしまいインシュランスにもベットしていた場合はメインベット、インシュランスのベットと共に失ってしまいます。

サレンダー

イニシャルカードが配り終わった時点で、自分のカードが勝てないと判断した場合は、サレンダーを選択するとベット額の半額を放棄することによってゲームから降りることができます。

ブラックジャックの結果とペイアウト

ブラックジャックの勝敗について一覧でまとめました。ブラックジャックであがると最も高い配当が獲得できます。負けてしまったときはベット金額全額没収となりますが、引き分けでゲームが終了した場合(ディーラーとプレイヤーが同じ得点を獲得)したときにはベット金額はそのまま返還(プッシュという)されます。

結果 ペイアウト
勝ち ブラックジャック 1.5倍
ディーラよりカードの合計が21に近い 1倍
ディーラーがバーストでプレイヤーはバーストしていない
負け ディーラーのほうが21に近いカード合計 ベット金額没収
プレイヤーがバースト

プレイヤーとディーラーともにバースト

引き分け ディーラーとプレイヤーのカード合計が同点の場合 返還

※テーブルによってはブラックジャックで勝利した場合の配当が1.2倍の場合もあります。

 

オンラインカジノでプレイできるブラックジャック

オンラインカジノでは様々な種類のブラックジャックがあり、基本となるルールは同じですが若干の違いがあります。同じように見えても使える機能が違うなどということもざらにあるので、始める前のブラックジャック ルールの確認は必須となります。ここでは多くのオンラインカジノで見かけるブラックジャックの種類についてまとめています。

シングルデッキブラックジャック

シングルデッキブラックジャックは使用するデッキが1つとなります。ハウスエッジが低くなるのでプレイヤーには嬉しいタイプのブラックジャックとなります。ブラックジャック カウンティングの効果を発揮しやすいのがこのシングルデッキとなります。注意点としては毎回ゲームラウンドごとにシャフルが行われること、ブラックジャックの配当は1.2倍と通常のものより低くなることがあるのでゲーム開始前に確認が必要です。

ダブルエクスポージャーブラックジャック

なんと、このブラックジャックはディーラーに配られる2枚のイニシャルカードが表向きで配られます。カードは4デッキほどを使用しこちらもシングルデッキブラックジャックと同様にゲームラウンド後に毎回シャッフルが行われます。プレイヤーはマルチハンドでプレイできるのもあるのでチャンスを増やすことができます。

ブラックジャックスイッチ

ブラックジャックスイッチでは、プレイヤーは最初から2ボックスでベットを行います。イニシャルカードを配り終えたらそれぞれの2枚目に配られたイニシャルカードを交換(スイッチ)することが可能なブラックジャックです。通常と違ったルールがいくつかあり、ディーラーのソフト17はヒットしたり、配当はどんな時でも1倍、ディーラーの22はプッシュとなるなど始めたては混乱するかもしれません。また、イニシャルカードの組み合わせにベットできるスーパーマッチというサイドベットも楽しめます。

ライブブラックジャック

ライブブラックジャックはライブティーラーによるディールが行われるブラックジャックテーブルとなります。席数は限られ多くの場合、7人までボックスを取ることが可能ですが人気のテーブルだと席が取れないということも起こりえます。8デッキ使用のテーブルが多く、ブラックジャック カウンティングの効果が発揮されにくいのが特徴です。チャット機能があるのでディーラーとおしゃべりしながら楽しむこともできます。日本語対応のテーブルもあるので困ったときは質問したりできるので安心ですね。

スピードブラックジャック

スピードブラックジャックはライブカジノの種類のひとつです。通常は右端に席を取っている人から順番にアクションの選択が行われますが、スピードブラックジャックの場合はこのアクション選択の順番が決められていないため、アクションを選択した順でゲームが進んでいきます。他のプレイヤーの選択を待たなくてよいので、ゲーム展開はとても早くサクサク進んでいくので時間をかけずに遊びたい人にはおすすめのテーブルとなります。

パワーブラックジャック

パワーブラックジャックもライブディーラーのブラックジャックの一種となります。このブラックジャックテーブルには1ボックスしかなく、多くのプレイヤーが同時にディーラーと対戦することができます。ヒットかスタンドも自身で選択することができ、全てのプレイヤーがスタンドを選択するまでディーラはカードを追加していきます。最終的にディーラーがオープンカードをめくったときに、自分がスタンドを選択したときのハンドがディーラーより強ければ勝利となります。また、ダブルダウン以上の、トリプル、クアトロを選択できるのもポイントです。

フリーベットブラックジャック

こちらもライブディーラーとの対戦のブラックジャックとなります。フリーベットブラックジャックも多くのプレイヤーが1ボックスを共有します。条件に当てはまった場合にのみ無料で追加分がベットできるためフリーベットと呼ばれます。ダブルダウンとスプリットを無料で選択でき見事勝利で追加配当分も受け取ることができますが、22でディーラーがバーストした場合でもプッシュ扱いになる点は注意してください。

 

その他にも、多くの種類があるので自分のお気に入りのゲームをみつけてみましょう。選択時間に制限があったり、ミニマムベット(最低賭け金額)がテーブルによってかわることが多々あったりするので、初心者でとくにベーシックストラテジーを確認しながらゆっくりやりたいという方はテーブル選びは慎重に行うとよいでしょう。

 

ブラックジャック還元率

ブラックジャックの還元率はベーシックストラテジーを使用した場合は97.5%と言われていますが、追加のルールで変動し、テーブルによってはこれより上回ることもありあります。中には99.9%にまで高まるテーブルもあるようです。以下のようなルールが採用されているテーブルはハウスエッジが低下し還元率が高まるのでテーブル選びの際にチェックしてみてください。

 

ブラックジャック ルール 比較 ハウスエッジ
ブラックジャックのペイアウトが1.5倍 1.2倍 1.39%↓
シングルデッキ 6デッキ 0.47%↓
ディーラーがソフト17でスタンドするもの ヒットする 0.25%↓
スプリット後のダブルダウンが可能 不可能のもの 0.2%↓
ヒット後にサレンダーできるもの できないもの 0.07%↓

 

ブラックジャックベーシックストラテジー

ブラックジャックのベーシックストラテジーをもとにプレイすることで還元率を最大限高めることができるので、この表を頭に入れるのは必須となります。シングルデッキ、マルチデッキなどルールによって若干かわってきますのでご注意ください。ここでは、シングルデッキ用とライブカジノで多く採用されている8デッキ用のベーシックストラテジーをご紹介します。

シングルデッキ用ベーシックストラテジー

H;ヒット、S;スタンド、D:ダブルダウン、SP:スプリット

ソフト17でディーラーがヒットしないものを表記しています。

プレイヤーハンド ディーラーハンド
2 3 4 5 6 7 8 9 10 A
5,3 H H H D D H H H H H
9 D D D D D H H H H H
10 D D D D D D D D H H
11 D D D D D D D D D D
12 H H S S S H H H H H
13 S S S S S H H H H H
14 S S S S S H H H H H
15 S S S S S H H H H H
16 S S S S S H H H H H
17 S S S S S S S S S S
A2 H H D D D H H H H H
A3 H H D D D H H H H H
A4 H H D D D H H H H H
A5 H H D D D H H H H H
A6 D D D D D H H H H H
A7 S   D D D S S H H S
A8 S S S S D S S S S S

プレイヤーのイニシャルカードがペアになったとき

プレイヤーハンド ディーラーハンド
2 3 4 5 6 7 8 9 10 A
AA SP SP SP SP SP SP SP SP SP SP
22 H SP SP SP SP SP H H H H
33 H H SP SP SP SP H H H H
44 H H H D D H H H H H
55 D D D D D D D D H H
66 SP SP SP SP SP H H H H H
77 SP SP SP SP SP SP H H S H
88 SP SP SP SP SP SP SP SP SP SP
99 SP SP SP SP SP S SP SP S S
1010 S S S S S S S S S S

 

シングルデッキでサレンダーが選択できるとき

プレイヤーイニシャルカードが16または77のペアでディーラーオープンカードが10またはAのときにサレンダーを選択しましょう。

 

ライブカジノ用8デッキベーシックストラテジー

H:ヒット、S:スタンド、D:ダブルダウン、SP:スプリット

プレイヤーがハードハンド

プレイヤーハンド ディーラーハンド
2 3 4 5 6 7 8 9 10 A
5-8 H H H H H H H H H H
9 H D D D D H H H H H
10 D D D D D D D D H H
11 D D D D D D D D D D
12 H H S S S H H H H H
13 S S S S S H H H H H
14 S S S S S H H H H H
15 S S S S S H H H H H
16 S S S S S H H H H H
17-21 S S S S S S S S S S

 

プレイヤーがソフトハンド

プレイヤーハンド ディーラーハンド
2 3 4 5 6 7 8 9 10 A
A2 (13) H H H D D H H H H H
A3 (14) H H H D D H H H H H
A4 (15) H H D D D H H H H H
A5 (16) H H D D D H H H H H
A6 (17) H D D D D H H H H H
A7 (18) S D D D D S S H H H
A8 (19) S S S S S S S S S S
A9 (20) S S S S S S S S S S

 

プレイヤーのイニシャルカードがペア

プレイヤーハンド ディーラーハンド
2 3 4 5 6 7 8 9 10 A
22 H H SP SP SP SP H H H H
33 H H SP SP SP SP H H H H
44 H H D D D H H H H H
55 D D D D D D D D H H
66 H SP SP SP SP H H H H H
77 SP SP SP SP SP SP H H H H
88 SP SP SP SP SP SP SP SP SP SP
99 SP SP SP SP SP S SP SP S S
1010 S S S S S S S S S S
AA SP SP SP SP SP SP SP SP SP SP

 

ポイント

おおまかにこの点をまずは抑えるとよいでしょう。

  • 88、AAの時は必ずスプリット
  • 11がでたらダブルダウン
  • ハードハンドで17以上がでたらスタンド
  • ソフトハンドでは19以上はスタンド
  • 13以上でディーラーのオープンカードが2~6はスタンド
  • 16以下でディーラオープンカード7以上はヒット

ブラックジャックでは10・J・Q・Kは10とカウントするので必然的に10バリューのカードが多くなります。そのため10が出る確率は30.7%その他がそれぞれ7.7%となります。そのため基本は次に自分が引くカードとディーラーの伏せてあるカードは10であると考えるとよいです。

細かなブラックジャック ルールで表は変更しデッキ数や、取り扱いのルールによっても若干異なってくるので、この表さえあれば…とうまくは行きませんが、大体このように賭ければ大きなミスはないでしょう。

最初は表を見ながら徐々に慣れていくのがいいかと思いますが、中にはアクションに賭けられる時間の制限を設けているところもあるので、最初はゆっくり遊べるテーブルでプレイするといいかもしれません。

ブラックジャックのサイドベット

ブラックジャックではイニシャルカードの組み合わせ、またはディーラーのオープンカードと自分のイニシャルカードの3枚の組み合わせにベットできるサイドベットが可能なテーブルも主にライブブラックジャックテーブルにあります。イニシャルカードが同じ数字のペアだったり、ポーカーの役のように数字がそろったりすると配当が獲得できます。当たった時のペイアウトは結構よいので、運試しにかけてみるのもありかと思います。

これらはプレイヤーに配られる最初の2枚のイニシャルカードにベットするもので。同じ数字がでると配当を獲得できます。

ペア ペイアウト
パーフェクトペア 同じ数字、同じ絵柄 25倍
カラーペア 同じ数字、同じ色 12倍
ミックスベア 同じ数字 6倍

 

次にプレイヤーの2枚のイニシャルカードに加えてディーラーのオープンカードを合わせた計3枚のカードで特定の組み合わせを獲得した場合配当を獲得できるサイドベットとなります。ポーカーの役から名前が付けられているようでポーカーを知っている人はすぐに覚えられるでしょう。

21+3 ペイアウト
スーテッドトリップ 数字、柄が全て同じ 100倍
ストレートフラッシュ 同じ柄で3つの連続した数字 40倍
スリーオブアカインド 同じ数字が3枚 30倍
ストレート 3つの連続した数字 10倍
フラッシュ 同じ柄が3枚 5倍

 

 

ブラックジャックも奥が深くブラックジャック ルールによっても戦略が変わるなどなかなか飽きることはないゲームですね。ブラックジャック カウンティングなどを利用してさらに勝率をアップさせることができたら、還元率は100%に近づくことも夢ではないでしょう。まずは、無料版でベーシックストラテジーを叩き込むのが勝利への第一歩となるでしょう。

Casinochecking | ブラックジャック

当サイトはクッキーを使用しています。続行することにより、お客様は当サイトのCookies Policyクッキーポリシーに同意したとみなされます。

続行 利用規約を読む