Casinochecking

 パーレー法

Casinochecking |  パーレー法

オンラインカジノでのシステムベットの方法は多くありますが、パーレー法は比較的リスクが少ないオンラインカジノ攻略法として有名です。ここでは、パーレー法の運用方法から、メリット、デメリット、注意点など細かくみていきますのでどのシステムベットを使用するか迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

 

パーレー法とは?

パーレー法はカジノゲームへのベット金額の管理法として知られるシステムベットのうちのひとつとなります。パーレー法と呼ばれていますが、皆さんよくご存じのマーチンゲール法の逆を行うので「逆マーチンゲール法」なんて呼ばれることもしばしばあります。マーチンゲール法では負けたらベット金額を2倍にして損失なく勝ち越す方法ですが、このパーレー法はこの逆で勝った時にベット金額を2倍にして利益をより出していくことに焦点を当てたシステムベットです。マーチンゲール法の逆をするだけということで、パーレー法も初心者でも簡単に運用することができます。

 

パーレー法でのベット方法

パーレー法を使用してのベット方法はとてもシンプルです。勝った時は次回のベット金額を2倍にする。負けた場合は最初の金額に戻ってベットする、のみです。パーレー法を活用できるゲームとしては配当が2倍のゲームとなるので以下のパーレー法に適したカジノゲームを参考にしてください。

ベット方法は簡単でマーチンゲール法の逆を行うと覚えれば完璧です。

  1. スタート金額を設定する。
  2. 設定した金額でゲームにベットする
  3. 勝った場合:次回のベット金額を最初のベット金額の2倍にする

負けた場合;最初に設定したベット金額に戻りベットを続ける

 

後はこのルールに従ってベットを繰り返すだけです。マーチンゲール法と同じく初心者でも簡単に運用できるかと思います。

 

パーレー法に適したカジノゲーム

パーレー法を運用するのに最適なカジノゲームは配当が2倍となるものです。配当が2倍になるゲームは以下が挙げられるので参考にしてください。

配当が2倍となるカジノゲームとベット方法

  • ルーレット:赤/黒、奇数/偶数、ハイナンバー/ローナンバー
  • バカラ:プレイヤー、ノーコミッションバカラ
  • ドラゴンタイガー
  • クラップス;パスライン
  • ブラックジャック

 

ルーレット、バカラ、ブラックジャックは有名でテーブル数も多いのでまず試してみるには慣れているこのようなゲームからパーレー法を運用してみることをおすすめします。

 

ハウスエッジに注意

ここで注意点として、ルーレットやバカラにはハウスエッジがあり、結果が出る確率が50%を下回ってしまうことを意識してください。ルーレットであれば、アウトサイドベット時に0が出たときにはヨーロピアンルーレット、アメリカンルーレットではベット額没収となります。さらにバカラのバンカーの配当は2倍に近いものの正確には2倍にはなりません。そこでプレイヤーにベットすれば!となりますがコミッションがある分バンカー側の勝率が少々高くなっていることをお忘れなく。

 

パーレー法でベットしてみる

では。実際にパーレー法を運用してみるとどのように資金に変化がおこるのか簡単なシミュレーションをしていきましょう。初回ベット金額は$1で設定したとします。

 

  • 連勝した場合
連勝回数 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 利益
ベット
金額
$1                   $1
$1 $2                 $3
$1 $2 $4               $7
$1 $2 $4 $8             $15
$1 $2 $4 $8 $16           $31
$1 $2 $4 $8 $16 $32         $63
$1 $2 $4 $8 $16 $32 $64       $127
$1 $2 $4 $8 $16 $32 $64 $128     $255
$1 $2 $4 $8 $16 $32 $64 $128 $256   $511
$1 $2 $4 $8 $16 $32 $64 $128 $256 $512 $1023

 

10連勝まで続くことはなかなか難しいかと思いますが、もし10連勝できた場合は$1で$1023の利益を出すことができます。5連勝した時点でも$31と30倍にもなりますので、短時間で爆発的な利益の出せる方法であると言えます。

 

  • 連勝後負ける

青で負けてそれ以前では連勝しているという見方となります。

回数 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 勝利 損失 利益
ベット
金額
$1                     -$1 -$1
$1 $2                 $1 -$2 -$1
$1 $2 $4               $3 -$4 -$1
$1 $2 $4 $8             $7 -$8 -$1
$1 $2 $4 $8 $16           $15 -$16 -$1
$1 $2 $4 $8 $16 $32         $31 -$32 -$1
$1 $2 $4 $8 $16 $32 $64       $63 -$64 -$1
$1 $2 $4 $8 $16 $32 $64 $128     $127 -$128 -$1
$1 $2 $4 $8 $16 $32 $64 $128 $256   $255 -$256 -$1
$1 $2 $4 $8 $16 $32 $64 $128 $256 $512 $511 -$512 -$1

 

ずっと勝てるということはまずないので、これが現実的な表と言えるでしょう。一目瞭然で一回でも負けると利益はすべて失われるということがわかりますが、損失は初期ベット金額のみとなります。利益がないことはとても残念なことではありますが。損失は初回ベット金額のみとなるので損失を少額に抑えることができるといことがわかります。

 

  • 勝ち負け交互

$1からベットをスタートし、勝ち負けが交互に続いた場合はどうなるか見ていきましょう。

回数 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 勝利 損失 利益
ベット
金額
$1                   $1   $1
$1 $2                 $1 -$2 -$1
$1 $2 $1               $2 -$2 0
$1 $2 $1 $2             $2 -$4 -$2
$1 $2 $1 $2 $1           $3 -$4 -$1
$1 $2 $1 $2 $1 $2         $3 -$6 -$3
$1 $2 $1 $2 $1 $2 $1       $4 -$6 -$2
$1 $2 $1 $2 $1 $2 $1 $2     $4 -$8 -$4
$1 $2 $1 $2 $1 $2 $1 $2 $1   $5 -$8 -$3
$1 $2 $1 $2 $1 $2 $1 $2 $1 $2 $5 -$10 -$5

 

このように勝ち負け交互に続いた場合はじわじわと資金が減っていってしまうことがわかります。表で勝ち負け勝ちと3回続けたところで資金がプラスマイナス0の収支となるのでここで一度リセットするのが賢い判断となるかと思います。

 

連敗後勝利する

回数 1 2 3 4 5 6 7 8 勝利 損失 利益
ベット
金額
$1 $1             $1 -$1 0
$1 $1 $1           $1 -$2 -$1
$1 $1 $1 $1         $1 -$3 -$2
$1 $1 $1 $1 $1       $1 -$4 -$3
$1 $1 $1 $1 $1 $1     $1 -$5 -$4
$1 $1 $1 $1 $1 $1 $1   $1 -$6 -$5
$1 $1 $1 $1 $1 $1 $1 $1 $1 -$7 -$6
                         

$1からのスタートで連敗後一勝したとしても損失は取り戻せないことがわかります。ただし、損失額は少なく抑えることができ7連敗後も損失は-$6と初期ベット額の設定にもよりますがそこまで大きな額にはならないかと思います。パーレー法を運用し続けると損失は取り戻すことが難しいですが、損失額を抑えることはできそうです。

 

パーレー法を使用する利点

パーレー法を運用するメリットは以下の通りです。

 

  • 短時間で大きな利益

連勝するごとに利益はどんどん増えていくので、長時間張り付いてプレイできないという人にでも短時間で利益を増やすことができます。たった2~3連勝するだけで、資金は3倍以上にもなるので素早く資金を増やすには最適な方法と言えます。

 

  • 資金が少なくても運用可能

上記の表よりスタート金額が低くても大きな利益を得られる可能性が十分にあります。勝っているときにベット金額を増やしていくので資金が少なくても十分に運用できます。資金が十分にあるときに使用するというよりかは、損失がかさんで資金が少なくなったときの一発逆転方法になると言えるでしょう。ただし負けてしまうと資金はより少なくなってしまうことを念頭に置いて、最後の切り札として運用してみるのも良いかと思います。

 

  • 損失を抑えることができる

連敗したとしても、莫大な損失を被ることはありません。連勝後に負ければ初回ベット金額分の損失で済みますし、連敗したとしてもそこまで大きな損失にはならないことは上記の表からお分かりいただけるかと思います。大きなリスクはごめんだという方は初回ベット金額を少なく設定すると万が一負けてしまってもより損失を防ぐことができます。ここからも、資金が少なくても運用できる方法としてはパーレー法が優れていることがわかるかと思います。

 

パーレー法の弱点

続いてはパーレー法を運用する際の注意点を述べていきたいと思います。

  • 一度負けると損失がでる

パーレー法では1度負けてしまうだけで今までの勝利金を失いさらに初回ベット金額分がマイナスとなってしまうシステムベット法です。このことからも、守りのベット方法というよりはかなり攻めた賭け方となることがわかります。連勝が続くとどんどん賭けて利益を出したいという気持ちが強くなるかと思いますが、たった一回の負けで今までの利益と初回ベット分を失うことは忘れてはいけません。

 

  • 連勝できる確率は低い

数連勝は何度も目の当たりにしたことのある方が多いかと思いますが。5連勝、6連勝となると現実味がなくなってくるのは事実です。連勝し続けなければ利益のでないパーレー法では連勝必須となることを念頭においてくださいね。勝ち負け50%の確率のゲームで連勝する確率として、5連勝だと約3%、10連勝にもなると0.1%以下になると言われていますので、連勝できる確率はかなり低くなることを心にとめておきましょう。

 

パーレー法を上手に活用

パーレー法の利点と欠点がわかったところで、これらを踏まえたパーレー法の上手な運用方法を提案していきます。

  • 勝ち逃げ時の設定

パーレー法を活かしつつ、損失を抑える方法としては勝ち逃げのタイミングの設定にあります。2から3連勝したあたりで、一度リセットし再スタートを切るとしたほうが、連勝後の一度の負けでの損失回避につなげる秘訣となります。さらには、損切りのタイミングも決めておくと連敗が続きそうな場合を回避することができます。例えば何連敗したら、テーブルを変えるまたは今日はカジノゲームをしないなどです。かなり、メンタル的にくる決断ともなるのでカジノゲームでの勝負と同時に自分の中でも繰り広げられる葛藤に打ち勝つ必要性もでてきます。あと一勝できるかも、次は勝てるなどなど、もはや自分との闘いといっても過言ではありません。

  • 初回ベット金額の設定

連勝後一度でも負けると初回ベット金額分の損失がでることはわかっていただけたかと思います。そのため、初回ベット金額を大きく設定してしまうと連勝後に負けた後の損失がその分かかってきます。自分の資金と相談しながら初回ベット金額を設定してみてください。選択するテーブルによってもミニマムベット金額が変わってきますので、リスクはあんまり…という人ほどミニマムベットからかつテーブルの中でもミニマムベット金額が低く設定されているものを選んでください。

  • マックスベット金額を確認

ミニマムベット金額が各テーブルで設定されているように、マックスベット金額の設定もテーブルによって異なることを注意してください。せっかく調子のよいときにマックスベット金額まで達してしまって利益を取りそこなったということのないように、スタート金額の設定次第でテーブルを変更したりなどするとよいかと思います。テーブルによってはマックスベット金額が$100あるいは$200のところもあり、$1からスタートし7、8連勝するとこの金額に達してしまいます。しかし、これを逆手にとりマックスベットに達したらマックスベットでかけ続けることにすれば、連勝後負けたときに利益を残すことができます。リスクを抑える方法として覚えておくといいかもしれません。

  • 連勝が期待できるゲームの選択

パーレー法の効果が最大限発揮される場面は連勝しているときとなります。パーレー法を用いることができるゲームはいくつかありますが、勝利が続きそうなものを選ぶと効果をより発揮できるでしょう。バカラやブラックジャックでは例えば、カードカウンティングをすることによって連勝が期待できるシューを見つけることができます。規約に禁止と書かれているオンラインカジノをもあるので注意してください。

 

パーレー法の弱点の克服方法

ちょっとした工夫を加えてパーレー法の弱点をカバーしつつ活用していく方法もありますので参考にしてみてください。

 

  • グランパーレー法に変えてみる

パーレー法の利益がどんどん出せる強みをより引き出す方法となります。運用方法はパーレー法と同じです。勝ったら次回のベット額を増やしていきます。パーレー法と違うのは勝利後の次のベットを2倍ではなく2倍+初回ベット金額にすることです。以下に表で説明します。

連勝回数 1 2 3 4 5 6 7 利益 パーレー
ベット
金額
$1             $1 $1
$1 $2+1           $4 $3
$1 $3 $6+1         $11 $7
$1 $3 $7 $14+1       $26 $15
$1 $3 $7 $15 $30+1     $57 $31
$1 $3 $7 $15 $31 $62+1   $120 $63
$1 $3 $7 $15 $31 $63 $126+1 $247 $127

 

通常のパーレー法と比較すると連勝するたびに利益がどんどん上がっていくことがわかるかと思います。これで$1スタート、勝ち逃げを3連勝とした場合、グランパーレー法では$11、通常パーレー法だと$7となるので、短時間で稼げる金額が変わってきます。ただし、注意点で挙げているように一度でも負けてしまうと損失が出ますのでご注意ください。その点、グランパーレー法はリスクが高くなると言えるでしょう。

 

  • マーチンゲール法と組み合わせる

マーチンゲール法でも説明されていることが多いですが、パーレー法とマーチンゲール法を組み合わせることによって、パーレー法で利益を増やし、マーチンゲール法で損失を取り戻すというそれぞれの利点を活かせるベット方法にすることができます。これで少なくともマイナスからプラスマイナス0の状態まで持っていくことができますし、連勝できれば利益はどんどん増えていきます。

 

ゲーム数 ベット金額 勝敗 配当 利益 ベット方法
1回目 $1 勝ち $2 $1 パーレー法
2回目 $2 勝ち $4 $3 パーレー法
3回目 $4 負け 0 0 パーレー法
4回目 $1 勝ち $2 $1  
5回目 $2 勝ち $4 $3 パーレー法
6回目 $4 勝ち $8 $7 パーレー法
7回目 $8 負け 0 $1- パーレー法
8回目 $1 負け 0 $2-  
9回目 $2 負け 0 $4- マーチンゲール法
10回目 $4 負け 0 $8- マーチンゲール法
11回目 $8 勝ち $16 0 マーチンゲール法

 

ただし、注意点としてパーレー法は資金が少なくても運用できる方法で、マーチンゲール法は負けにくいが連敗に耐えられるだけの資金が必要となるというお互いのメリットが打ち消されるということにもなりかねます。つまり、損失を取り戻すさいに多額の資金が必要となるということです。連勝している時、また連敗している時の対策はよく練ってから運用するとよいでしょう。いかなる時も、止め時を知っていること、止め時を決めておくことは大損しないために最も重要なポイントとなります。

 

パーレー法の使用に向いている人

それでは、パーレー法を運用するのに向いているのはどのような人となるのでしょうか?以下の項目で当てはまるものが多い人はパーレー法を運用するのにピッタリかと思うので参考にしてみてください。

 

  • 少ない時間で稼ぎたい
  • 準備できる資金が少額
  • あまり大きなリスクは背負いたくないが少々ならOK
  • バカラやブラックジャックをよくプレイする
  • 勝てるときに一気に稼ぎたい
  • 勝ったらすぐプレイを中止する

 

 

パーレー法まとめ

短時間で利益を出したいという人にはおすすめのパーレー法は少ない資金しか調達できないという人でも運用できるシステムベット方法です。運用方法も複雑ではないのですぐに初心者でも簡単に始められそうですね。今日は調子がいい!なんて日に使ってみたら資金がバンバン増えていくチャンスとなります!少々リスクがかかってくるベット方法なので利用する際の注意点を考慮してベットしてみることをおすすめします。

Casinochecking |  パーレー法

当サイトはクッキーを使用しています。続行することにより、お客様は当サイトのCookies Policyクッキーポリシーに同意したとみなされます。

続行 利用規約を読む