【徹底解説】オンラインカジノを始めてみよう!

ホーム » 【徹底解説】オンラインカジノを始めてみよう!

みなさんは今年に入ってから何か運試しの様なものはされましたか?おみくじなど引かれた方も多いかと思いますが、私の場合はオンラインカジノのスポーツブックで運試しでした!お気に入りのサッカーチームの新年最初のゲーム、下位チームに対し、まさかの引き分けという微妙な結果で私のベットももちろん負け・・・。トホホな2022年の出だしでしたが運試しのつもりで賭けていたので、いつも以上に応援に熱が入りました!

では、私が運試しをした「オンラインカジノ」とは一体何なのか?今回が初めてのブログということで、オンラインカジノの基本情報を徹底解説していきます。

オンラインカジノとは

新しいエンターテイメントとして、ここ数年で日本人プレイヤーが爆発的に増えたと言われているオンラインカジノは、インターネット上で遊ぶことができるゲームサイトです。入金不要で遊ぶことができる無料版もありますが、ほとんどの方が実際に課金してプレイしているようです。

スマホやタブレットからでもアクセス可!

オンラインカジノ(通称 オンカジ)のサービス開始当初はPCのみの仕様でしたが、現在はスマホやタブレットでスムーズに動作するシステムが開発されたため、気軽にアクセス・プレイできるようになりました。その手軽さが日本人向きで、受け入れやすい状態を作り出したのでしょうか。2018年以降日本国内でのオンカジ利用者は急増し、現在では290万人以上の方がプレイしているとも言われています。

日本語対応のカスタマーサポート

日本でオンカジ人口が増えているもうひとつの理由としては、日本語でのカスタマーサポートが充実してきたことが挙げられると思います。そもそも日本語でないと、細かい利用規約やゲームのルールなど読む気も起きないですよね。そして、質問や入出金について疑問があっても日本語以外の言葉で問合せるのは勇気と労力が必要・・・。でも、日本人が日本語でサポートをしてくれるサイトがあれば、安心して気軽に遊べそうです!もちろん全部のカジノという訳ではありませんが、日本語でのサポートが整ってるオンカジサイトがどんどん増えてきていています!

オンラインカジノで遊べるゲームのカテゴリー

オンカジで遊べるゲームには大きく分けるとスポーツとカジノの2つがあります。

1.スポーツブック

「スポーツブック」や「ブッキー」と呼ばれる、スポーツベッティング。日本で考えるとBIGやtotoと言ったスポーツくじや競馬・競輪があるくらいですが、サッカーが盛んな欧州での市場規模が最も大きく、娯楽の1つとして多くの人が熱狂しています。実は、オンライン上でプレイするスポーツベッティングは、サッカーや野球、バスケットボール、テニス、F1など様々な種類のスポーツで、世界各国の国内リーグからワールドカップ、世界選手権などの国際試合まで幅広く楽しむことができるんです。

2.カジノゲーム

もう1つがカジノゲーム。このカジノゲームはさらに2つのカテゴリー「カジノ」と「ライブカジノ」に分かれており、全てのゲームを合わせるとその数は数千以上となります。

カジノ

各種スロットゲームやテーブルゲームが楽しめます!オンラインカジノが話題になって以降、よく遊ばれているのが「ビデオスロット」。基本的にはリールが5つあり、横のラインも5つあります。グラフィックも美麗でボーナス時の演出も工夫されており、3D、アジアン、ミュージック、アニメ、クリスマスなどなど、様々なテーマのゲームが準備されています。日本市場の開拓が進む中で、日本のパチスロのような3×3のタイプのスロットも登場していますよ!

ライブカジノ

ライブカジノでは、海外にあるスタジオとリアルタイムで繋がってプレイできるので、オンライン上で本物のカジノ体験ができるのが特徴です。「本場のカジノ」にいるような臨場感や緊張感をオンライン上で楽しむことができるというのが魅力的です。カジノディーラーと対面して遊ぶ、ルーレットやバカラ、ポーカー、ブラックジャックをはじめ、ドリームキャッチャーやモノポリーなどのマネーホイールゲームが遊べるゲームショーもあります。このライブカジノでも日本人ディーラーが担当する「ジャパニーズテーブル」というものが設定されており、日本語で遊ぶことができるので、安心して気軽に始めることができますね。

最後に

初めてのブログということで、今回はオンラインカジノについての基本情報を徹底解説してきました。2022年から本ウェブサイトでもブログの投稿を始めてみました。今後も読者のみなさまに有益な情報をお伝えできるように取り組んでいきますので、是非またご覧くださいね!チャオ!

Leave a Reply

Your email address will not be published.